カバン

子どもが元気に通学できるカバン

 

ランドセル代わりに通学リュックで登校する小学生

みなさま、こんにちは。
世間では、コロナウイルスが猛威を振るっておりますが、みなさま元気でお過ごしでしょうか。
ダイワホーサンでは、引き続き、手洗いの徹底と規則正しい生活を呼びかけあって、仕事に励む毎日です。
暗いニュースが続く中でもありますが、ダイワホーサンがあるここ宇陀市では、もうすぐ桜がいっぱい咲きそうです。(^^)

ランドセル代わりの通学リュックとして|お客様からのお便り

この時期は、ダイワホーサンでは、お客様から嬉しいお便りをいただくことが多いのです。
その中でも特にうれしいのが「ダイワホーサンの通学カバンを使って、体が楽になった。」という声や「走るのが早くなる通学カバンやで。」という声と共に、送られてくるかわいい小学生の子供たちの写真です。

通学リュックを背負って喜ぶ小学生

入学式を前に、こぼれるような笑みを浮かべてくれていますね。(*^^*)
こちらまで、嬉しい気持ちでいっぱいになります(*^^*)

姉妹でリュックを背負って仲良く通学

姉妹や、兄弟でお揃いにして下さっているお客様もいらっしゃいます(*^^*)

3人兄弟でランドセルの代わりにリュックで登校

みんな、ありがとうね!!これからもいいカバン作るね!!

小学校に何度も足を運び通学カバンを改良

子どもたちが使ってくれているカバンを開発したのは、かつてダイワホーサンの常務取締役であった故辻本太次。51年間製造と開発の現場でダイワホーサンを支え続けてくれた人物です。
わたくし達の師匠でもありますので、わたくし達は今でも「ものづくりの天才」と思っております(^^)

写真は、開発中の列車用品を現場で確認する、故辻本太次常務です。
辻本太次常務は、わたくし達ダイワホーサンのスタッフには技術や技能を、大変厳しく叩き込む半面、子どもと動物が大好きで、とてもかわいがっていました。

1994年頃から子ども達がどうしたら楽しく学校に通えるだろうか」と、通学カバンの開発を手掛けました。
小学校に何度も足を運び、奈良県の山間部にあるT小学校で数年間モニターもしていただき、長い年月をかけて通学カバンの改良を行ってきました。

小学生の子ども達に背負い心地の良いカバンを持って行って欲しい」という思いから、信州大学繊維学部と奈良県工業技術センター(現:奈良県産業振興総合センター)にご協力をいただいて背負い心地テストを実施しております。(写真は2004年)

大宇陀町立野依小学校で通学リュックのテスト

写真の小学校の体育館は、今は廃校になってしまった大宇陀町立野依小学校で、ダイワホーサンのスタッフ数名と故辻本太次常務も野依小学校の出身者です(^^)

大宇陀町立野依小学校の生徒さんが通学リュックの性能をテスト

ダイワホーサンでは通学カバンの開発の際、使ってくださるお客様の声を大切にすることをモットーにしています。集められた声を集約して「軽くて、丈夫で、水が漏らない」という新素材の生地を帝人株式会社と共同開発しました。

この開発をもとに生まれたのが小学生用の通学カバン「RD-24」です。

小学生用の通学カバン「RD-24」

【関連リンク】小学生のランドセル代わりに使えるスクールバッグ、リュックのベストセラー RD-24の商品ページへ

一見シンプルに見えますが、育ち盛りの子供たちが、ちょっと乱暴に扱っても大丈夫なように、登山リュックよりも丈夫な作りになっていますよ(^^)また、生地を作る日本の工場は年々少なくなってきていますが、皆さまに良いカバンをお届けできるように、全国各地の糸作り、生地作り、染め上げ、裏加工、撥水加工(水をはじくように生地に薬品を塗る)工場の協力を得て、生地の製造しております。

強くて安全な通学カバンを作るために

ダイワホーサンでは強くて安全な通学カバンを作るため、コンピューターを使った裁断機、ミシンなども使って、毎日職人が心を込めて作っています。

最新式のコンピューターミシン

これは、最新式のコンピューターミシンで、カバンの持ち手を縫っているところです。コンピューターミシンは、ダイワホーサンのスタッフが自分で治具(これから縫うものをはめる枠)を作って、運針図(どんなふうにミシンで縫うかを描いていく)をプログラミングしていきます。

プログラミングの方法は、パソコンの進化に合わせてどんどん新しくなり、昔はなかった機能が、今では当たり前になって、製品が美しく丈夫に縫えるように工夫されています。コンピューターミシンの治具が一人前に作れるようになるには、ドリルや電気のこぎりなどの工作道具が自由自在に使えるようにならなければなりません(^^;)

みんな、大変な修行をして一人前の職人になっていきます。

ミシンで縫製

ベテランの職人さんも混じっています。ベテランの職人を中心に、みんな厳しい訓練をしながら製品を作っています。

通学リュックの製造

スタッフは、良い製品をお客様にお届けするため妥協をしません。
時には、製品作りで言い合いをすることもありますが、みんな仲が良いです。

リュックの検品

裁断工場のモニターは大昔のものを使っていますが、中のソフトは最新式です。
裁断工場の職人は、ダイワホーサンで扱われる数百種類の生地の特性をつかみ、データ作りをしていきます。生地の特性をつかむのは大変な仕事です。企画、裁断、縫製すべての部門のスタッフの手のひらはセンサーのように敏感なのです(*_*)

これは余談ですが、生地の特性をつかむのが上手い職人は、あん摩やマッサージが得意な人が多い印象です。聞くところによると、こっている場所が指先ですぐにわかるんだそうです(笑)

コンピュータを使って確認

開発部のスタッフは、辻本太次常務が亡くなった後も、日々良い製品作りに取り組んでいます。それぞれが専門の知識を持って、お客様の高度なリクエストにお応えできるように製品開発を進めています。企画開発部のスタッフは、生産部で数年修行を積み、企画部開発部で更なる勉強を日々重ねます。

【関連リンク】6年間、安心して使い続けられる通学カバン ダイワホーサンの通学カバン6つの特徴のページへ

リュック開発の会議

2020年の4月より、奈良高等専門学校と産学連携を行いながら新しい通学カバンの開発に取り組みます。高度なセンサーを取り入れて、体の負担をもっと少なくさせるような「子どもが元気に通える通学カバン」を作っていきたいと考えています。

お使いくださる皆さまの笑顔がもっともっと増えますように(^^)

 

株式会社ダイワホーサン

〒633-2103 奈良県宇陀市大宇陀野依220-3
TEL : 0745-83-2785(平日 9:00~19:00) FAX : 0745-83-3524
E-mail : asuka@h-daiwa.co.jp

企業情報のページへ
SOCOTEC / UKAS
ISO9001:2015認証取得企業